TOP > 医学生リハビリテーションセミナーのご案内
医学生リハビリテーションセミナーのご案内

医学生リハビリテーションセミナーのご案内

  長野中央病院では、リハビリ医に興味・関心を持っている医学生さん、将来リハビリ医を志す医学生さん病院見学を受け入れております。
  「脳卒中の治療が、遠隔地の専門病院ではなく、自分が暮らしている街でできるようになってほしい」そんな想いから、長野中央病院のリハビリテーション科は始まりました。日々、様々な技術を導入し、たくさんの新しいリハビリスタッフが加わり、創意工夫を凝らして障害があっても自立した生活が送れるように頑張ってきました。
  「障害があっても生き生きと生活したい」そんな患者様の想いから生き甲斐作りとして患者会活動も始まりましたリハビリ農園や患者会旅行は楽しい行事として続けられています。
  今また各地にリハビリと入浴が出来る通所施設や訪問リハビリを展開し、退院後の患者様の機能維持に新たな挑戦をしています。
  ぜひこの機会に、一度見学に来てみてください。

≫2013年回復期リハビリ成績(PDF)

見学概要

受入時期 春 3月10日〜3月31日
夏 8月1日〜9月30日
※病院の診療日(平日、土曜午前)のみ。
  日曜・祝日、お盆・年末年始は休診となります。
受入期間 ご希望に応じて対応します。ご相談下さい。
内容 下記の見学メニューから希望や曜日に合わせて調整します。
希望をお聞かせください。
持ち物 白衣(ない方には貸し出しあり)、上靴
費用 不要
※食事代・宿泊費は当院で負担します。
※5・6年生の方は1回に限り、交通費の全額補助を行っています。
申込方法 電話・メール、または申込フォームからお申し込みください。
担当:医局事務課 傳田 TEL:026-234-3211
メール:igakusei@healthcoop-nagano.or.jp

見学メニュー

曜日によって見学内容がかわりますので、詳細はお問い合わせください
①回復期リハ病棟見学 ・脳卒中のリハビリテーション
・医師の回診、他職種カンファレンスなど ※金曜午後
・排泄自立に向けた病棟の取り組み
・装具クリニック ※火曜午後
・VF(嚥下機能評価) ※木曜午後(外来予約ある場合)
②リハ科外来見学 ・ボツリヌス療法 ※木曜午後(外来予約ある場合)
③リハビリ室の見学 ・PT/ST/OTの訓練場面の見学・体験
・高次脳評価訓練
・心臓リハビリの見学
④地域リハビリの見学 ・通所リハビリの見学
・訪問リハビリの見学
・往診に同行

見学メニューの一例(木曜〜金曜の2日間の場合)

木曜 金曜
午前 −− ・リハビリ施設の見学
・訪問リハビリに同行
午後 ・来院
・リハビリ外来見学
・VF見学
・回復期病棟での回診、カンファレンス
夕方 ・リハ医師、スタッフとの交流会 ・見学終了、感想文の記入

取り組みの一部を紹介

≪リハビリ病棟≫
ベッドには当院開発の移乗用手すり「スーパーらくらく手すり」等が設置され、転倒を防ぎトイレ動作自立に大きく役立っています。
≪前手すり型車イストイレ≫
片麻痺の患者様が使いやすい「前手すり型車椅子トイレ」を考案し、排泄自立重視の医療活動を行っています。
≪病棟回診≫
2週間ごとに、患者様一人一人の身体機能について確認します。ご家族も参加して、リハビリ状況を確認できます。
≪ウォーキングカンファレンス≫
毎朝、看護師が患者様のベッドまで行き、体調やベッド周囲の確認をしています。

リハセミナー開催報告

2016年3月にリハセミナーを開催し、2名の学生さんが参加しました。

≪スケジュール≫
午前 PT・OT・STの見学
午後 病棟回診の見学
患者さんとの交流
病棟カンファレンスの見学

≪参加者感想文より≫

◆OT見学でOTの方が「本当に小さなことでもできるようになったと患者さんが報告してくれるのが生きがい」と話していたのが素敵だと思った。

◆まだ回診は一度しか見たことがなかったが、その経験と今回見た回診の様子が違いすぎて驚いた。この回診は一人一人丁寧に見ていて、「スタッフ間で共有している」というのが良く分かった。患者さんにとっても「ここまでできた。認められた」という喜びになっているのではないかと思う。

◆リハビリ友の会にとても興味があったの(会員の患者さんから)詳しくお話を聞けて良かった。ぜひ参加させて頂きたいです。