看護部紹介

笠原看護部長よりメッセージ

笠原看護部長
笠原洋子 看護部長
  長野中央病院は長野医療生活協同組合の病院として、地域の皆様の要望とともに「無差別・平等」を貫き、地域の皆様に支えられながら大きく発展してきました。高度専門性を備えた医療機関であるとともに、患者さま、ご家族に寄り添う看護を実践しています。
  社会・医療情勢が変化してくる中で、看護師に求められる役割と責任は非常に大きくなってきています。そのような中でも、患者さまやご家族と喜び・悲しみをともにし、患者さま、ご家族の思いに寄り添い、私たちに求められているものを常に問い続け、その人らしく地域で生活できるように、その想いに添えるように医師、他職種とともに語り合い、学び合いながら育ちあっています。

  忙しい中でも患者さまの笑顔を引き出せたときの喜びは看護のやりがいに大きくつながっています。ともに語り合い、成長し、寄り添える看護を実践しませんか?
  看護のやりがいは無限大です。

長野中央病院看護部理念

  • 1. 私たちは患者さまの人権を尊重し、看護の専門性を生かして命と健康を守ります
  • 2. 私たちは組合員と協同して安心して暮らせる街づくり運動を実践します

患者さまとご家族に寄り添う看護

 長野中央病院看護部では「医療生協の患者の権利章典」をもとに、患者さまの知る権利、自己決定権を尊重しています。その実践のひとつとして「ウォーキングカンファレンス」を行っています。毎朝、看護師はチームごとに患者さま一人ひとりのベッドサイドで、患者さまの要求をお聞きしたり、本日の予定や検査結果をお知らせしています。
 また、患者さま、ご家族の気持ちに添える看護ができていたか振り返るために、気になった患者さまの退院後の自宅訪問を行っています。

患者さまを生活や労働の場から考える看護

 病名は同じでも、家族背景や労働・生活の状況は患者さまは一人ひとりで違います。
単に病名だけで援助するのではなく、患者さまの生活背景や気持ちを理解し、援助することを心がけています。
そして、退院後も安心して暮らせることが私たちの願いです。

患者さまを取り巻くチームですすめる医療

 地域の第一線で急性期医療を担い、かつ慢性期の患者さまが在宅で安心して生活できるように、専門職が協力しあって患者さまの援助をしています。 看護師・医師以外の専門職といっしょにカンファレンスを行い、治療方針を決定したり、退院にむけての援助を行っています。
また、必要な患者さまには訪問看護へつなげています。

安全・安心で質の高い医療

 医療は何より安全でなくてはなりません。当院では安全管理委員会と感染対策委員会が中心となり、ミス防止対策の検討や感染対策について全職種参加の学習会を定期的に行っています。看護部では、看護のレベルアップのために疾患、医療機器の取り扱い、薬についての学集会や症例研究を開催しています。
 また、院外の研修会や専門研修の参加保障をしています。

わたしたちの職場を紹介します