栄養科

ご挨拶
「誰でも安心しておいしく食べられる健康食作りを患者さんや地域の人々と共に進めていきたい」と想いながら、長野中央病院の栄養科は始まりました。2005年にリニューアルして新しい調理システムを導入し大きく発展できました。これも、地域住民の皆様や患者様の支えがあったからです。

栄養科職員も約30名になり栄養士調理師ともに皆様に信頼され誰にでも笑顔になってもらえるような「食」をこれからも地域の皆様と患者様と力をあわせて作りあげていきたいと思っております。
写真
科長 青木笑美
職場の使命
長野医療生活協同組合長野中央病院栄養科は安心安全おいしく食べられる治療食作りを追求し、チーム医療の一員として自覚を高めながら「食」の理解を深めながら広め、誰にでも笑顔で喜ばれる「食」を提供します。
業務内容
患者様の栄養管理・栄養相談、安心安全な食事提供、患者様ご家族や地域の方々へ貢献できるよう活動を行っております。

栄養管理

◇管理栄養士の病棟担当制

◇栄養管理計画書を作成し個々の状態に沿った栄養管理

◇栄養サポートチームによるチーム医療

◇入院栄養相談(個人・集団)

◇外来栄養相談(個人)

◇在宅訪問栄養相談

◇嚥下困難な患者様を対象とした調理実習

◇乳児健診

◇小児ぜんそく教室

◇子育てサロン

写真
給食管理

◇直営給食

◇クックチル・クックサーブ

◇日本人の食事摂取基準に則り献立作成

◇病態にあわせた献立作成

◇選択メニューの提供

◇行事食の提供

写真
その他

◇患者向け学習会での講師

◇地域での栄養に関する講師・調理実習

◇科内委員会の運用
(献立委員会・患者満足度委員会・衛生設備委員会)

写真
病院食の紹介
写真
≪常菜≫
ご飯、すき焼き、ごま豆腐、りんご
写真
≪雛祭り≫
雛祭り寿司、うどの煮付け、おひたし、長芋豆腐、いちご
写真
≪お節≫
松風焼き、きんとん、末広人参、黒豆、えびの旨煮、昆布巻き、伊達巻き
☆お節は折に詰めて提供しています
写真
☆行事食には手作りのカードを添えています
栄養サポートチーム(NST)について
栄養サポートチーム(Nutrition Support Team:以下NST)とは、多職種が共同して、様々な疾患を抱えた個々の患者さんに応じて、適切な栄養管理を行う医療チームの事です。

当院では各病棟単位でのNSTと、そこで難渋するような症例に対して院内全体にわたり介入する全科型NSTがあります。全科型NSTでは、経腸栄養で下痢や嘔吐などの合併症が発生する方も少なからずいらっしゃるので、そのような方に対して介入したり、食事摂取が不良な方では、食事の内容・内服薬・輸液の検討、褥瘡の処置検討などを行っています。多職種のスタッフが集まることによって、1職種では解決できない事でも各自の知識・技術を持ち寄り患者さんの栄養管理を行っています。

栄養管理はすべての医療の基礎となります。低栄養状態では、病気の治療にも大きな影響があります。患者さんの栄養状態の管理を通じて、病気の治癒のサポートを実施していきます。

写真
資格
病態栄養認定管理栄養士  2名
NST専門療法士  1名
糖尿病療養指導士  1名
統計
H28年度 ※( )内は全指導件数
外来栄養食事指導料 1897(1998)
入院栄養食事指導料 3098(4181)
集団栄養食事指導料 74
嚥下調理実習 7
乳児健診 309
小児喘息教室 5
子育てサロン 37
糖尿病透析予防加算 97
栄養サポートチーム加算 564(628)
【長野中央病院】
〒380-0814 長野市西鶴賀町1570
JR長野駅から徒歩約20分。
最寄りのバス停から約7分。

TEL:026-234-3211
FAX:026-234-1493
PAGETOP
Copyright(C) NAGANO CHUO HOSPITAL All Rights Reserved.