検査の豆知識 2018年

Q.24時間自由行動下血圧測定検査
 24時間自由行動下血圧測定検査は、高血圧症の診断のひとつとして用いられ、日常生活での血圧を24時間、定時的(1時間または30分ごと)に測定し、血圧の一日の変化を調べる検査です。夜間の血圧は昼間に比べて下がっているか、早朝に高血圧はないか、薬による血圧コントロールができているかなどが判断できます。
 検査方法は、腕に血圧計を巻き、記録器をベルトで腰に付けます。また、心電図を同時に記録するため胸に電極シールを貼ります。検査当日は腕に血圧計を巻くため、袖周りに余裕のある服装にしてもらう必要があります。
 装着中は入浴や電気毛布の使用はできませんが、その他は一日普段通りに生活できます。また、解析を行うための重要な資料として、血圧測定時(1時間または30分ごと)に何をしていたか行動記録用紙に記入してもらいます。
【長野中央病院】
〒380-0814 長野市西鶴賀町1570
JR長野駅から徒歩約20分。
最寄りのバス停から約7分。

TEL:026-234-3211
FAX:026-234-1493
PAGETOP
Copyright(C) NAGANO CHUO HOSPITAL All Rights Reserved.