平成27年度 長野医療生活協同組合 長野中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 16 21 54 118 256 472 1229 1899 1825 547
《定義》
2015年度退院患者数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院日の満年齢となります。

《特徴》
当院は患者さんの人権と安全を最優し、「いつでもどこでも誰もが」安心して、質の高い医療を受けられることを目標に幅広い年齢層の患者さんを受け入れております。特に60歳以上の患者さんの占める割合が8割を超え、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くを占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 659 2.35 3.07 0.00 70.78
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 386 3.56 4.87 0.52 72.58
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 310 3.81 5.68 0.32 65.56
当院では心臓カテーテル検査/治療の症例が非常に多く、内科の診断群分類別患者疾患の上位3位までを占めており、それぞれの平均在院日数は全国平均より短くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 27 19.00 17.41 3.70 74.15
060150xx02xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 副傷病なし 17 17.06 9.48 5.88 53.12
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 17 5.65 6.72 0.00 45.88
外科では結腸の悪性腫瘍手術と、虫垂炎が症例数の上位となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 96 27.00 28.70 3.13 84.18
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 49 25.82 21.52 2.04 81.76
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 33 3.09 5.70 3.03 67.94
整形外科は高齢者の大腿骨骨折手術(人口骨頭挿入術)症例が最も多く、次いで胸椎・腰椎の症例、前腕の骨折手術の症例が多くなっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 副傷病なし 32 10.97 16.65 3.13 76.28
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 29 2.00 3.46 0.00 62.97
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 28 16.75 25.69 0.00 71.50
心臓血管外科は動脈瘤のステントグラフト術の症例、静脈・リンパ管症例、弁膜症手術の症例数が上位となっており、いずれの平均在院日数も全国平均よりかなり短くなっています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 15 7.93 10.18 0.00 47.60
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし - - 13.97 - -
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし - - 8.05 - -
2016年8月から標榜科を産婦人科から婦人科へ変更しています(分娩は2016年7月1日をもって休止となりました)。
2015年度は子宮手術の症例数が上位となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 38 12 15 11 19 0 1 7
大腸癌 26 20 24 9 22 26 1 6,7
乳癌 3 6 3 3 1 7 1 7
肺癌 15 4 14 34 10 1 1 6,7
肝癌 7 4 7 2 2 25 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
《定義》
5大癌(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の患者さんの人数を初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。

◇UICC病期分類
国際対がん連合(UICC)によって定められた①原発巣のおおきさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つの要素におって各がんをⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。

◇初発」:当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。

◇再発」:当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後。当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。

《特徴》
胃、大腸、内視鏡的手術から症状緩和的手術まで内科・外科で連携しながら治療を行っています。
切除不能な場合でも抗がん剤治療や疼痛管理を中心とした終末期治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 25 10.08 61.88
重症度 1 45 14.67 79.87
重症度 2 71 19.87 83.55
重症度 3 36 37.36 85.92
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
《定義》
入院のきっかけとなった傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎であり、さらにその中でもICD-10コードがJ13~J18で始まるものに限定し、インフルエンザ等・ウイルス性肺炎・誤嚥性肺炎は除外となります。

◇市中肺炎:普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。

◇肺炎の重症度分類(A-DROPシステム)【 日本呼吸器学会 成人市中肺炎診療ガイドライン 】
①男性70歳以上 女性75歳以上 ②BUN21mg/dlまたは脱水あり ③SpO₂ 90%以下(PaO₂ 60torr以下) ④意識障害 ⑤血圧(収縮期)90mmHg以下
軽症:①~⑤いずれも満たさないもの
中等症:①~⑤の1つまたは2つを有するもの
重症:①~⑤の3つを有するもの
超重症:①~⑤の4つまたは5つを有するもの
ただしショックがあれば1項目のみでも超重症とする

◇ICD-10:「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems(以下「ICD」と略)とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類である【 厚労省ホームページ 「疾病、傷害及び死因の統計分類」より抜粋 】+

《特徴》
症例数で見ると中等症が多く全体の約66%を占めています。年齢が高くなるほど重症度も高く、平均在院日数も長くなる傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 46 42.41 81.52 0.00
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
《定義》
入院中に医療資源を最も投入した傷病名が、脳梗塞等の分類にあたる患者さんをICD-10別に集計しています。
◇ICD-10:「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems(以下「ICD」と略)とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類である【 厚労省ホームページ 「疾病、傷害及び死因の統計分類」より抜粋 】

《特徴》
当院は、回復期リハビリテーションを担う回復期リハビリテーション病棟を有しており急性期医療だけではなく、
地域連携パスによって近隣の医療機関と連携をして治療がスムーズに行える体制を構築しております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 333 1.55 2.92 0.60 72.89
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 286 0.50 1.24 0.00 66.85
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 249 0.51 3.43 0.00 66.60
K5493経皮的冠動脈ステント留置術は300件超、K5951経皮的カテーテル心筋焼灼術は250件近い件数となっており、循環器内科のカテーテル手術件数が多くなっています。
K7211内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除術は280件を超えた件数となっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 51 1.37 3.14 0.00 74.57
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 29 3.28 5.38 0.00 66.66
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 26 8.04 23.46 3.85 77.04
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 83 1.05 19.47 2.41 82.35
K0462 骨折観血的手術(下腿) 42 1.00 11.31 4.76 70.90
K0811 人工骨頭挿入術(肩) 25 6.36 33.72 4.00 83.48
外科ではK6335鼠径ヘルニア手術、K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術、K7193結腸切除術の順で件数が多くなっています。
K6335鼠径ヘルニア手術は50件超、K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術とK7193結腸切除術は20件台の件数となっています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 29 0.00 1.00 0.00 62.97
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 24 1.13 7.42 0.00 75.00
K5551 弁置換術(1弁) 20 1.85 14.60 5.00 72.70
心臓血管外科ではK617-4下肢静脈瘤血管内焼灼術、K5612ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)、K5551弁置換術(1弁)の順番で件数が多く、何れも20件台を超える件数となっています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 21 1.00 5.67 0.00 49.76
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - - - - -
2016年8月から標榜科を産婦人科から婦人科へ変更しています(分娩は2016年7月1日をもって休止となりました)。
子宮の手術が件数上位となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) 183 0.00 2.25 0.00 76.19
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
眼科はK2821ロ水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他)が180件を超える件数となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.02
異なる 4 0.06
180010 敗血症 同一 10 0.16
異なる 2 0.03
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.02
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 20 0.31
異なる 5 0.08
《定義》
敗血症(DPC180010)、播種性血管内凝固(DPC130100)、手術・術後の合併症(DPC180040)、その他の真菌症(DPC180035)について、入院の契機となった病名(入院契機病名)と最も医療資源を投入した病名の同一性の有無を区別して患者数と請求率を示しています。
◇DPCコード:診断群分類を表し、14桁あるうちの上6桁で集計しています。
◇発生率: 全入院患者さんのうち、該当するDPCで請求となった患者さんの割合です。

《特徴》
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべき4症例の症例数と発症率であります。当院は、手術や処置を行う際には合併症を起こさないよう細心の注意を払い施行をしています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めております。
更新履歴