総合診療科

~「人も家庭も街もみる」~

現在の医療は専門特化・細分化しているため特定の診療科ではなかなか診断がつかない症例や、高齢で多科並存疾患の症例、社会的な困難症例などが私たち総合診療科の専門領域です。もともと長野中央病院では開設以来、社会的な困難を抱えた患者さんに寄り添い、医療の提供はもとより社会的困難を行政や地域全体で支えるために専門科の枠組みを超えた総合的で全人的な医療を展開してきました。

その長年培ってきた経験を土台として総合診療科として診療を行っています。

総合診療科の活動activity

総合診療科の活動

①病院総合診療 ②家庭医療
③地域との協同

予約外来では開業医の先生方からの紹介患者さんを中心に多科並存疾患の高齢者や社会的・家庭環境の問題を抱えている患者さんの診療を行っています。疾患の鑑別診断はもとより患者さんの背景をみる総合診療科ならではの視点で診療を行っています。

急性期入院では総合診療病棟で緊急入院が必要な患者さんの診療を行っています。在院日数の長期化や在宅復帰の困難さ、再入院率の上昇など地域の高齢化に伴い急性期入院医療も複雑化してきています。

当病棟では多職種で行うカンファレンスで各専門職から出される意見をもとに今後の方針を決定するようにしています。そのため通常長期化する在院日数の短縮や在宅環境の整備、介護との連携など包括的な管理を行うことで問題解決を行っています。

また、多科並存疾患では各疾患の臓器別専門医と総合診療科がチームを組むことで臓器別の専門性と総合診療の専門性を合わせた医療の提供を行っています。在宅医療では少数ですが病院が行う必要のある患者さんへ訪問診療を行っています。

入退院を繰り返す症例、社会的に複雑な症例、化学療法など一般的に在宅への移行が困難と言われている患者さんは従来在宅復帰できずにいました。総合診療科では従来の枠組みでは困難であった症例を医療・介護・在宅の体制を整えて在宅復帰を院内外の多職種チームでサポートすることで訪問診療を行っています。

主な疾患

鑑別がつかない症例や高齢者の多科併存疾患(複数の診療科での治療が必要な症状)等、どの診療科にかかれば良いかわからない症例を全人的に治療しています。専門的な治療が必要となる場合には各科専門医と協力して診療にあたります。

総合診療科入院実績

  • 発熱・不明熱
  • 貧血・血液疾患・造血疾患
  • 心不全
  • 胆のう炎・胆管炎
  • 尿路感染症
  • 関節炎・リウマチ・疑痛風
  • パーキンソン・認知症
  • 脱水症
  • 蜂窩織炎
  • 下肢静脈血栓
  • 気胸
  • 肺膿瘍
  • 糖尿病
  • 気管支喘息発作
  • 脳梗塞
  • 憩室炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • 狭心症
  • 感染性心内膜炎
  • 胃腸炎
  • ウイルス性髄膜炎
  • 伝染性単核症
  • 意識障害
  • 悪性腫瘍
  • 免疫・アレルギー疾患
  • ウイルス性気管支炎
  • 細菌性肺炎
  • 誤嚥性肺炎

主な検査・設備

総合診療科病棟

42床の総合診療科専用の病棟を開設しており、入院での診断・治療が可能です。

骨髄穿刺(マルク)

腰の脊髄に針を刺し、骨髄内の液体を注射器で採取する検査です。貧血や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液疾患の診断に用いられます。

気管支鏡

口または鼻から気管の中にカメラを入れて気管や気管支、肺の観察を行い、組織や細胞の採取を行う検査です。肺がんの診断や、感染症の診断ができます。

上部消化管内視鏡検査
(胃カメラ)

口から内視鏡と呼ばれる管を入れ、食道から胃、十二指腸まで観察を行う検査です。がんの診断の他にも病変部の切除や検体の採取、止血、異物除去等も行うことが可能です。

下部消化管内視鏡検査
(大腸内視鏡)

肛門から内視鏡と呼ばれる管を入れて大腸全体を観察する検査です。がんやポリープ、潰瘍性大腸炎等の診断やポリペクトミー等の手術にも用いられます。

CT

CT(Computed Tomography)検査はX線を利用して、身体を透過したX線の量をデータとして集めて、コンピュータで処理することによって、身体の断面画像を得る検査です。普通のレントゲン写真よりもより細かく体内の情報を得ることができます。現在多くの施設で実用化されている装置はマルチスライスCTと呼ばれ、短時間で広範囲を細かく撮影することができます。

それにより立体的な画像(3D画像)も容易にできるようになりました。 また、病変を詳しく調べるために腕の静脈からヨード造影剤という薬を注射しながら撮影をすることがあります。

医師紹介

池田 徹

池田 徹(いけだ てつ)

総合診療科部長

2014年卒

所属学会

  • 日本プライマリ・ケア連合学会
  • 日本病院総合診療医学会病院総合診療専門医
小林 哲之

小林 哲之(こばやし てつゆき)

2016年卒

資格

  • 日本病院総合診療医学会病院総合診療専門医

所属学会

  • 日本病院総合診療医学会
  • 日本外来小児科学会
  • 日本プライマリ・ケア連合学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本内科学会
西園 友貴

西園 友貴(にしぞの ゆうき)

2018年卒

所属学会

  • 日本プライマリ・ケア連合学会
  • 日本内科学会
河野 絵理子

河野 絵理子(こうの えりこ)

2020年卒

所属学会

  • 日本プライマリ・ケア連合学会
杉山 悠海

杉山 悠海(すぎやま ゆみ)

2021年卒

所属学会

  • 日本プライマリ・ケア連合学会
原田 侑典

原田 侑典(はらだ ゆきのり)

非常勤医師

2010年卒

資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本救急医学会認定ICLS・BLSコースインストラクター

所属学会

  • 日本内科学会
宮坂 麻由子

宮坂 麻由子(みやさか まゆこ)

非常勤医師

2010年卒

資格

  • 日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医

所属学会

  • 日本プライマリ・ケア連合学会
  • 日本内科学会

2022年度入院実績

感染症および寄生虫症 30名
新生物(腫瘍) 40名
血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害 12名
内分泌、栄養および代謝疾患 37名
精神および行動の障害 23名
耳および乳様突起の疾患 6名
循環器系の疾患 101名
呼吸器系の疾患 165名
消化器系の疾患 56名
皮膚および皮下組織の疾患 17名
筋骨格系および結合組織の疾患 30名
腎尿路生殖器系の疾患 89名
先天奇形、変形及び染色体異常 2名
損傷、中毒およびその他の外因の影響 23名
その他入院 45名