血液浄化療法センター:ご挨拶・取り組み・連携

ご挨拶・取り組み・連携
ご旅行に来られる方へ
維持透析を希望される方へ
学術発表
療法選択への取り組み
災害対策への取り組み
透析自主機能評価指標
ご挨拶
血液浄化療法センターは血液透析(HD、オンラインHDF、I-HDF、HHD)・腹膜透析(CAPD、APD)だけでなく、各種の吸着療法や集中治療分野での血液浄化全般に取り組む体制を強化してきました。
診療規模も透析装置を2008年度50台に増加し、とりわけ糖尿病性腎症や循環器、脳血管疾患、整形外科、眼合併症などをともなう患者さんにも対応できるような施設として整備を進めてゆきたいと考えています。
写真
糖尿病内分泌内科
部長
近藤 照貴
血液浄化療法センター紹介
私たちの目標
長野中央病院血液浄化療法センターに来院される患者さんに対し、安全に対する倫理的な理解を深め、組織として対策することによって安全な技術を提供します。
取り組み・連携
取り組み
フットケア
当センターでは、患者全員を対象に月1回のフットケアを行い足病変の早期発見に努めています。 具体的には基準に沿って問診をとり、足に触れて観察をし、必要に応じて指導しています。 肥厚爪や変形爪などで爪切りが困難な患者さんには、足病変のフットケア研修修了看護師が専用の道具を使用しケアをしています。 ABI低下や痛みなど症状がある場合は、医師と連携をとりながら早期治療につなげています。
写真
慢性腎臓病(CKD)外来
血液浄化療法センタースタッフが外来へ赴き、慢性腎臓病(CKD)の患者さんを対象に、患者さんが自分の病態を理解し、病気の進行を遅らせ、合併症の予防に重点をおきながら、最適な腎代替療法を自己決定できるように支援しています。
在宅血液透析(HHD:Home HemoDialysis)
在宅血液透析とは、患者さんのご自宅で血液透析を行う治療法です。 院内で十分な教育訓練を受けていただいたうえで、自宅に透析装置を設置し、患者さん自身で準備~治療開始~終了・片付けまでを行います。 通院回数が減り、食事制限も緩和されることから、ご自身のライフスタイルに応じた生活が送れるようになります。 操作方法に関することや機器トラブルがおきても、スタッフにいつでも連絡がとれる体制を整えています。
透析運動療法
当院では筋力低下の予防、筋力増強をめざし、転倒転落リスクの軽減をはかる目的として、透析時に運動療法を行っています。定期的に運動機能の評価を行い、患者さんの状態に合わせたトレーニング内容の見直しをしています。
写真
VA(バスキュラーアクセス)管理
血液透析患者さんはVA(シャントや人工血管)を良好な状態を保つことが重要です。 当センターでは透析前にシャントの状態を観察し、異常があればシャントトラブルスコアリング(STS)に基づき、シャント異常の早期発見に努めています。 異常発見時や定期的なフォローは、超音波エコー検査や、造影検査を実施しています。また、シャント狭窄や閉塞に対しては、経皮的シャント拡張術VAIVTや心臓血管外科によるシャントの増設や再建も実施しています。
連携 長野中央病院は循環器科・整形外科・眼科・皮膚科など15の診療科があり、各科と連携し透析患者さんの様々な合併症に対して院内でバックアップしています。
お問い合わせ・対応時間

◆問い合わせ
TEL:026-234-3584 FAX:026-234-3584


◆対応時間
平日 9:00~17:00 土曜 9:00~12:30

スケジュール・診療内容
血液透析
[昼/夜]
腹膜透析
[午後]
 月  ○/○ ×
 火  ○/× ×
 水  ○/○
 木  ○/× ×
 金  ○/○
 土  ○/× ×
 日  ×/× ×

※夜間透析は16:30以降開始、22:00終了となります。

※当院では血液透析(HD)、腹膜透析(CAPD)をはじめ様々な血液浄化療法を行っております。

ベッド数・人員配置

◆ベッド数
50床

◆人員配置
○昼クール勤務職員12名 ○夜クール勤務職員4名

施設案内
写真
血液浄化療法
センター全体
血液浄化療法センターは2005年10月に増築された病棟にあり、患者さんが歩行する場所に障害物は一切なく、バリアフリーを実現しました。
写真
血液浄化療法
センター待合室
透析を受ける患者さん用の待合室です。
患者様が座る壁には地震時の落下物を防ぐため、頭の部分より高いところに物品をおかないようにしています。
写真
更衣室
カーテンで区切る事のできる個室は全部で3つあります。
入り口から一番近い所は車イスのまま介助の方と一緒に入る事ができます。
写真
車椅子用トイレ
当院リハビリ室が考案した車椅子用のトイレです。特徴は、便座の正面壁に手すりが設置してあります。
以下のような利点があります。

①前方への体重移動が容易で立ち上がり易い。

②移乗時の回転や移動が少ない。

③手すりの持ち替えがないためバランスを崩すことがない。

④ズボンの上げ下げ時に頭部で前壁に寄りかかれるため上肢を使える。

⑤左右の片麻痺患者様でも利用できる。

受診される皆様へ

【長野中央病院】
〒380-0814 長野市西鶴賀町1570
JR長野駅から徒歩約20分。
最寄りのバス停から約7分。

TEL:026-234-3211
FAX:026-234-1493
PAGETOP
Copyright(C) NAGANO CHUO HOSPITAL All Rights Reserved.