令和元年度 長野医療生活協同組合長野中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 20 41 60 83 214 424 1027 1846 1710 745
退院患者数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。60歳以上の患者の占める割合が8割を超え、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くを占めております。年代別で分けた主な疾病は40歳未満では虫垂炎、肺炎等、40歳以上では狭心症、心不全、大腸ポリープ等です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
【内科】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 431 2.35 3.01 0 72.21
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 411 3.36 5.02 0.49 67.5
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 291 2.05 2.63 0.34 69.01
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 243 4.35 4.40 0 73.12
050130xx99000x 心不全 228 22.73 17.71 3.51 82.64
内科では、循環器疾病の患者の割合が多くなっています。当院では心臓病センターを設立し、高度専門性を備えた医療体制の構築、医療の提供を行っております。狭心症の検査・手術治療をはじめ、不整脈、心不全の治療件数が多くなっています。また、大腸のポリープ切除術の件数も年々増加傾向にあるのが特徴です。

※内科には、主に循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、糖尿病内科、内分泌内科、腎臓内科が含まれます。
※そのうち、患者数の多い疾病について、患者数、平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。
【小児科】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) - - 5.69 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 - - 12.58 - -
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 - - 5.73 - -
150070x0xx01xx 川崎病(2歳以上) - - 10.22 - -
010230xx99x00x てんかん - - 7.10 - -
小児科では、肺炎及び尿路感染症での症例が多くなっております。疾病ごとの症例としては10件未満ですが、小児科全体での入院症例件数は年々増加傾向にあります。

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
【外科】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 75 5.31 4.85 1.33 72.61
060150xx03xxxx 虫垂炎 38 4.79 5.45 0 42.63
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 32 6.63 7.13 0 67.97
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 22 15.32 15.02 0 75.59
060150xx02xxxx 虫垂炎 17 10.18 9.79 5.88 62.18
外科では、鼠径ヘルニア、虫垂炎の順で多くなっています。鼠径ヘルニアの平均年齢は年々上がっており、高齢者の患者が多くなっています。手術を要する症例における緊急手術の割合も増加しており、外科急性期における医療体制を構築し、積極的に対応しています。
【整形外科】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 86 31.02 25.94 6.98 84.81
160760xx97xxxx 前腕の骨折 31 2.9 5.54 0 61.29
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 18 2 4.70 0 77.22
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 17 35.88 23.56 0 79.12
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 17 30.59 20.74 0 83.88
整形外科では、大腿骨骨折の症例が最も多くなっています。大腿骨骨折、変形性膝関節症、脊椎骨粗鬆症の平均在院日数は全国平均より長くなっていますが、2019年より地域包括ケア病棟を開設し、これらの疾病は積極的に活用し急性期治療終了後の退院調整を行っています。前腕骨折、上肢末梢神経麻痺は大半が予定手術で順調な経過で退院となります。
【心臓血管外科】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 30 12.17 15.67 0 75.13
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 17 2.06 2.78 0 69
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 16 19.13 23.77 0 67.69
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 - - 27.88 - -
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 - - 8.48 - -
心臓血管外科では大動脈瘤の症例件数が最も多くなっています。心臓血管外科の主な入院患者は大動脈瘤、心臓弁膜症、下肢静脈瘤に対する手術目的の方です。平均在院日数は大半の疾病で全国平均より短くなっており、9割以上が予定手術で順調な経過で退院となります。

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
【眼科】
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 117 3.03 2.78 0 75.1
020250xx97xxxx 結膜の障害 - - 3.08 - -
眼科では大半が白内障手術目的の方です。白内障手術は片眼ずつ2泊3日で行っています。

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 36 - - 10 - - 1 7.8
大腸癌 14 15 30 21 - 14 1 7.8
乳癌 - - - - - 12 1 7.8
肺癌 - - - 32 - 28 1 8
肝癌 - - - - - 27 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の患者数を、病期(Stage)毎に分けて集計したものです。
UICCとは、がんの進行度を判定する基準として国際的に活用されているものです。
がんの進行状態をI期(早期)~Ⅳ期(末期)に分類し、Ⅳ期が最も進んだ状態です。
2017年7月から「緩和ケア病棟」を開設して、患者さんの病期、症状に応じて様々な場面で切れ目なく医療を提供できるように取り組んでいます。

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 7.93 57.73
中等症 115 16.52 81.28
重症 31 25.19 85.23
超重症 - - -
不明 - - -
普段の生活の中で発症する市中肺炎は、高齢になるにつれて中等~重症になりやすい傾向があります。
超重症患者が減少し、中等~重症の平均在院日数が減少しているところが特徴的です。

※重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROP)により分類しました。
※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 23 30.43 83.74 11.11
その他 22 59.36 80.64 8.89
脳梗塞の患者数は年々増加傾向をたどっています。3日以内の急性期患者の積極的な受け入れをはじめ、当院の回復期リハビリテーション病棟を活用した、リハビリ目的による転院も受け入れているため、その他(発症3日以降)も比較的多くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
【内科】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 372 0.08 2.41 0.54 68.72
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 336 0.41 1.18 0.3 69.67
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 178 1.11 3.54 0 73.98
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 52 0.65 1.75 0 60.44
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 46 2.78 11.7 6.52 74.2
内科では循環器内科に関する手術が半数以上を占め、最も多く施行されています。不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術の8割以上が心房細動に対する治療です。大腸ポリープの症例数は増加しており、大腸内視鏡検査時に発見した治療対象になるポリープは積極的かつ安全に切除を行っています。

※内科には、主に循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、糖尿病内科、内分泌内科、腎臓内科が含まれます。
【外科】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 67 1.45 6.16 0 69.63
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 46 1.63 2.67 0 70.41
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 38 0.53 3.26 0 42.63
K6335 鼠径ヘルニア手術 30 1.63 2.63 3.33 75.83
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 25 7.52 15.6 4 76.6
平成30年度は「腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)」が最多の35件、「鼠径ヘルニア手術」が31件でしたが、令和元年度は「腹腔鏡下胆嚢摘出術」が最多の67件、次いで「腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)」が46件となりました。
平成30年度の「腹腔鏡下胆嚢摘出術」は3番目の29件でしたが、令和元年度は倍以上の67件と大幅に件数を増やし最多となりました。
平成30年度の外科での主要手術別患者数上位5位中4項目が腹腔鏡下の手技でしたが、令和元年度も同様4項目が腹腔鏡下の手技となりました。
【整形外科】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 89 1.31 29.03 7.87 84.9
K0821 人工関節置換術(股) 40 2.48 33.15 0 76.68
K0462 骨折観血的手術(前腕) 28 1.04 8.61 0 68.21
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 20 0 2 0 44.7
K093 手根管開放手術 17 0 1 0 77
1番件数の多かったK0461骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)の手技は平成30年度の103件より件数は減りましたが、最多の89件となりました。
平成30年度のK0821人工関節置換術(股)は21件で上位3位でしたが、令和元年度は約倍の40件に件数を増やし、上位2位となりました。

整形外科の主要手術別患者数上位5項目は平成30年度と順位の変動はありましたが、同様の手技の項目となりました。
【心臓血管外科】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 23 1.17 10.26 0 75.17
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 16 0 1 0 69.31
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) - - - - -
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) - - - - -
K5612ロのステントグラフト内挿術(腹部大動脈)の23件の他にK5612イのステントグラフト内挿術(胸部大動脈)、K5612ハのステントグラフト内挿術(腸骨動脈)を合わせると30件を超える件数となります。

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
【眼科】
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 117 0 2.03 0 75.1
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
K2821ロ水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)は昨年度の152件より減の117件でした。
平均年齢も昨年度とほぼ同様の75歳前後の年齢構成となっています。

※10症例未満は個人情報保護のためー(ハイフン)で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 14 0.23
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.19
異なる - -
この指標は、医療の質の改善に資するため臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべき症例数と発生率です。
当院は、手術や処置を行う際は合併症を起こさないよう細心の注意を払い施行しています。
起こり得る合併症については事前に可能な限り患者様に説明した上で、手術や処置の施行に同意を頂くよう努めております。

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
更新履歴