令和3年度 長野医療生活協同組合長野中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 19 30 48 96 212 390 774 1690 1525 700
退院患者数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
70歳代が最も多く、全体の30%を占め、70歳以上の患者数は70%を占めています。

法人内事業所との連携にとどまらず、地域の医療機関や事業所との医療・福祉・介護の連携をもち、「いつでも、どこでも、だれもが安心できる良い医療と福祉を」という願いとともに、安全・安心な医療提供を心掛けています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈-経皮的カテーテル心筋焼灼術-処置2:なし 450 3.64 4.79 0.00% 69.47
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 366 2.27 2.65 0.00% 68.90
050130xx9900xx 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし 225 19.51 17.35 4.00% 84.36
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症-手術なし 181 17.03 13.14 3.87% 83.19
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし 175 2.41 3.06 0.00% 72.05
当院では、全入院患者のうち、循環器内科が上位を占めています。
狭心症、不整脈に対するカテーテル治療入院が多く、病態に合わせた治療を選択し、より質の高い心臓病治療を行っています。
また、消化器内科では大腸ポリープに対する内視鏡的治療が多く、内視鏡によって診断から治療までを行います。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 95 4.38 4.74 0.00% 70.68
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-副病:なし 36 22.00 15.76 0.00% 75.72
060335xx02000x 胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 25 7.48 7.11 0.00% 64.76
060150xx03xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 23 4.74 5.40 0.00% 34.43
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 22 9.50 9.00 0.00% 73.82
2020年7月、「気軽に受診・相談できて患者様一人ひとりに合わせた治療」を提供できるように「鼠経ヘルニア外来」を開設しました。
鼠経ヘルニアで手術のための入院が、最も多く占めています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 98 27.70 25.32 12.24% 84.56
160760xx97xx0x 前腕の骨折-手術あり-副病:なし 39 2.77 4.99 2.56% 65.62
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし 24 27.88 19.34 0.00% 87.00
160850xx01xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼-骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等 22 13.09 18.36 0.00% 58.14
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺-手根管開放手術等 17 2.00 4.58 0.00% 74.29
高齢者の大腿骨頚部骨折が最も多く、その他関節疾患や外傷による骨折入院も多く占めています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤-ステントグラフト内挿術-処置2:1あり 21 13.19 15.18 0.00% 78.52
050080xx9701xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。)-その他の手術あり-処置1:なし、1あり-処置2:1あり 18 10.22 17.86 0.00% 86.78
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患-下肢静脈瘤手術等 18 2.17 2.75 0.00% 68.72
050050xx0151xx 狭心症、慢性虚血性心疾患-心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等-処置1:5あり-処置2:1あり 11 23.55 26.86 0.00% 71.45
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。)-ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等-処置1:なし-処置2:1あり 11 28.55 21.93 0.00% 71.00
大動脈瘤、弁膜症、虚血性心疾患などを中心に扱っています。
最も多い症例は、弁膜症に対するステントグラフト挿入術となっています。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-片眼 80 3.00 2.71 0.00% 73.69
020220xx97xxx0 緑内障-その他の手術あり-片眼 - - 5.41 - -
主に、白内障治療を行っています。


※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 46 - - 23 - - 1 8
大腸癌 25 14 31 26 - 18 1 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - 15 - - 1 8
肝癌 - - - - - 18 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の患者数を、病期(Stage)毎に分けて集計したものです。
UICCとは、がんの進行度を判定する基準として国際的に活用されているものです。
がんの進行状態をI期(早期)~Ⅳ期(末期)に分類し、Ⅳ期が最も進んだ状態です。
2017年7月から「緩和ケア病棟」を開設して、患者さんの病期、症状に応じて様々な場面で切れ目なく医療を提供できるように取り組んでいます。

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 8.70 55.80
中等症 57 19.40 79.84
重症 17 23.53 81.24
超重症 - 32.67 89.22
不明 - - -
普段の生活の中で発症する市中肺炎は、高齢になるにつれて中等~重症になりやすい傾向があります。
超重症患者が減少し、中等~重症の平均在院日数が減少しているところが特徴的です。

※重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROP)により分類しました。
※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 23 36.35 83.70 6.25%
その他 - 64.78 84.44 6.25%
入院中に医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞等の分類にあたる患者様をICD-10(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)別に集計しています。
当院は、回復期リハビリテーション病棟を有しており、急性期医療だけでなく地域連携パスによって近隣の医療機関と連携をして治療がスムーズに行える体制を構築しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 394 0.38 3.07 0.25% 70.94
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 348 0.14 1.34 0.00% 68.72
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 130 1.98 3.74 0.77% 73.38
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 73 0.80 1.55 0.00% 62.95
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 43 3.14 9.30 0.00% 74.23
当院は、頻脈性不整脈に対する高周波アブレーションの実施件数が県内トップクラスです。
バルーンを用いる2つの最新治療クライオアブレーション・ホットバルーンアブレーションを2016年から本格的に導入しており、これまで約3時間かかっていたアブレーション治療が半分の1時間半まで短縮できております。患者様の身体的負担を軽減し、より安心・安全な検査ならびに治療を提供することに努めていきます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 73 1.08 1.89 0.00% 71.71
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 43 1.86 4.67 0.00% 65.00
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 30 7.90 10.73 0.00% 75.27
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 23 2.39 2.22 0.00% 66.35
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 23 0.61 3.13 0.00% 34.43
患者様の身体的負担が少ない腹腔鏡手術を多く行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 95 1.19 21.39 12.63% 82.71
K0462 骨折観血的手術(前腕) etc. 56 0.95 5.05 1.79% 66.04
K0821 人工関節置換術(膝) etc. 24 2.29 27.21 0.00% 73.67
K0811 人工骨頭挿入術(股) etc. 23 6.78 27.96 0.00% 83.61
K0463 骨折観血的手術(足) etc. 17 1.00 8.77 0.00% 57.65
高齢者は、転倒などにより大腿骨を骨折することが多く、骨折観血的手術(大腿)が最も多く占めています。
患者様の病態に合わせながら、必要に応じて地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟への転棟も行いながら、早期退院を目指しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 18 3.22 8.11 0.00% 86.06
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 15 2.07 15.27 0.00% 81.93
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 15 0.07 1.00 0.00% 67.80
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 14 4.50 17.07 0.00% 75.57
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
当院では、北信で2番目、県内では5番目となる大動脈弁狭窄症の新しいカテーテル治療法である経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)を導入しました。
今まで治療を断念せざるを得なかった合併症を持つリスクの高い患者さんにとって新しい治療の選択肢となります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 80 0.00 2.00 0.00% 73.69
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートなし) - - - - -
主に、白内障に対する水晶体再建術を行っています。

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.02%
異なる - 0.07%
180010 敗血症 同一 - 0.11%
異なる - 0.15%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - 0.02%
180040 手術・処置等の合併症 同一 25 0.46%
異なる - 0.04%
この指標は、医療の質の改善に資するため臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべき症例数と発生率です。
当院は、手術や処置を行う際は合併症を起こさないよう細心の注意を払い施行しています。
起こり得る合併症については事前に可能な限り患者様に説明した上で、手術や処置の施行に同意を頂くよう努めております。

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)で表示しています。
更新履歴